CIMG1064
鵜舞屋の「鮎煎餅」と
玉井屋本舗の岐阜銘菓「登り鮎」


今日は鵜舞屋の「鮎煎餅」を食べてみたいと思います♪
CIMG1066
ぎっしり入っています。
CIMG1082
CIMG1083
CIMG1084
食べてみます。

うん。薄くて軽い。
お茶うけに何枚でもパリパリッと食べれちゃう!
甘さはまったくないですよ。

確かに魚の風味や旨味は感じるんだけど、
鮎・・かなぁ?
ちょっと私にはわからなかった・・
魚臭さとかは感じません。

商品説明に「日本人がふるさとを思い出す味」とあります。
まさにそんな素朴な味です。
CIMG1086
子供にはちょっと濃い目?
でも1枚だけなら許しました。


鮎パウダーを使わずにちゃんと「本物の鮎」を練りこんであるそう。
逆に本物の鮎を練りこんでるから、
パウダーよりも味や香りが自然なのかもしれない。

決め手は「鮎魚醤」だそうです!!
CIMG1154
甘さはまったくないのが
物足りないと感じる方も居そう。
でもそれが良いんだ!と感じる方も居そう。

甘い物嫌いな人へ岐阜のお土産を悩んでる・・・
そんな方にオススメです( ´∀`)つ
CIMG1080
CIMG1157
ごちそうさまでした!
たかが煎餅、されど煎餅、ですね。




最後までお読みいただき、ありがとうございました!

ランキングに参加しています。
よろしければポチッとお願いします。
励みになります


にほんブログ村 グルメブログへ
にほんブログ村



人気ブログランキングへ