こんにちは、はらぺ子です。

今回は、
無印良品の「手づくりデザート」シリーズから、
「わらびもち」のご紹介です。

無印良品には、
数多くの手作りデザートが販売されています。

レトルトとは違って、
自分で作らなければいけないのが少し面倒ですが、
作る過程も簡略化されていますし、
出来立てホヤホヤを
食べることができるのも魅力です!

そして、こちらが今回ご紹介する
手作り用「わらびもち」です!
 CIMG3669  
値段 ¥400(税込み)
内容量 99g(約20個分)
カロリー 373kcal
【商品説明】
水と混ぜてレンジで加熱するだけで、
わらびもちが簡単につくれます。
添付のきなこと黒みつをかけて
仕あげます。
CIMG3671
セットの内容はこのようになっています。
・わらびもちミックス
・黒蜜
・きなこ

そして用意する食材は水のみ!
これなら思い立った時にすぐ作ることができますね。

それでは早速作ってみましょう。
パッケージ裏のレシピ通りに作っていきますよ!
  1. 耐熱容器に水100mlとわらびもちミックスを入れ
    泡だて器でだまがなくなるまで
    よく混ぜて溶かします。(目安約30秒)

    CIMG3675
  2. ラップ材をふんわりとかけて
    電子レンジで加熱します。
    (目安500w、約2分)
    ※電子レンジの機種によって加熱時間は多少異なります。


  3. ミトンや布巾等を使って
    電子レンジから耐熱容器を取り出し、
    シリコーンスパチュラ(調理ベラ)で
    よく混ぜます。(目安、約1分)

    CIMG3676
  4. 2本のスプーンの表面を水でさっと濡らし、
    「3」のわらびもちを20等分程度にして
    皿の上に取り分けます。
    CIMG3678
    CIMG3681
  5. きなこをまぶし、黒蜜をかけて出来上がりです! CIMG3685

じゃーん!できました!!
なかなか綺麗に出来たんじゃないでしょうか。

ただ、さらっと作り方を載せましたが、
数か所「コツ」がいるかも・・・
そう感じた部分がありました。


まず「4」の工程。
2本のスプーンでわらびもちを手早く
まとめなくてはいけないんですが、
これが引っ付くし伸びるしで、
意外と大変なんです!


そこで、この工程でのポイントは「水」!
コップ等に綺麗な水を入れ、脇に置いておきます。
そして、一回一回スプーンを
水につけながらまるめると
ひっつかず綺麗にできますよ!
(びしゃびしゃにならないよう、水の量注意!)
kuru
そうそう、それから・・・
けっこう小さめにしないと
目安の20個は作れません。


次に「5」のきなこをまぶす工程です。
わらびもちにきな粉がついていない部分があると
せっかくまるめたのに
わらびもち同士でひっついてしまい
大変なことになってしまいます。

そこで、大きいお皿などに
きな粉をまんべんなく振りかけ、
その上にわらび餅を置き、転がすようにしながら
きな粉をつけていくと
最後の盛り付け時にひっつかず
盛ることができますよ!
CIMG3682
こんな感じです。

以上、ちょっとコツが必要かな?
と思った部分でした!


さてさて!
それではお味の方にいってみたいと思います!
CIMG3685
出来立てでまだほのかに温か♪
黒蜜がツヤツヤと輝いていて
すごく美味しそう!!

それでは、いただきます♪
CIMG3686
モチッモチぷるぷる!!

濃厚な黒蜜も効いていて、とても美味しいです。
確かにこれは「わらびもち」だ!
しかも、ほんのり温かな出来立てわらびもち!

冷蔵庫で冷やしても美味しいと思いますが、
やはり出来立ては違うなぁ!
美味しいです。

わらびもち自体に甘味がついているので
黒蜜の量は好みに合わせて
調節した方がよさそうです。

それと、思ったより弾力があるので、
お子様やお年寄りの方と一緒に召し上がる時は
注意してくださいね。

量的には、1人~ギリギリ2人分くらいでしょうか。
そんなに多くないと思います。
なので、大勢でワイワイ作るつもりなら
もう1、2袋購入した方がいいかな。

最後にまとめ

今回この無印良品「わらびもち」を作ってみて、
クオリティの高さに驚きました!

調理工程も簡単で面白いですし、
作りがいがある一品でしたよ。
手を汚さず作れるのも魅力!

興味を持たれた方は、
是非一度お試しくださいね。




ランキングに参加しています。
よろしければポチッとお願いします。


にほんブログ村 グルメブログへ
にほんブログ村


インスタント食品 ブログランキングへ



 



<スポンサーリンク>